トップページ道場案内指導員紹介道場アルバム

トップページ>>道場アルバム

新極真会
前川憲司
前川憲司

>>指導員紹介

前川憲司

道場アルバム

  • カラテドリームフェスティバル2018国際大会

2018年6月23日(土)、24日(日)
場所:東京体育館
出場者:2707人


◆徳島北東あわじ支部入賞者
・後藤 星菜(組手)小学5年生女子重量級の部準優勝 (一昨年、昨年に続き3年連続入賞達成)
・後藤 優斗(組手)中学3年男子軽量級の部準優勝

フルコンタクト空手史上、世界最大の夢のトーナメントとして空前の規模での開催となった、カラテドリームフェスティバル2018国際大会(国内外)から今年は大会史上最大となる総勢2707名の強豪選手の集まったマンモス大会となりました。

国際大会ともいえるこのレベルの高い大会で本当に選手の皆様は頑張られたと思います。
また今大会での徳島北東あわじ支部からの出場者は21名(1名棄権)でその内2名が入賞という快挙を成し遂げました。
また今回入賞した2名の内1名は一昨年、昨年に続き(3年連続入賞)本当に素晴らしい快挙を成し遂げてくれました。
この激戦トーナメントを戦い、勝ち抜いた事は本当に素晴らしいし、これからの目標(世界)に繋がったと思います。
これも日頃厳しい稽古に耐えられた道場生達の努力と各黒帯の先生方、先輩達のご指導・保護者の方々のご協力、ご理解・応援して下さるすべての皆様方のおかげでこのような素晴らしい 結果を残せることが出来ました。本当にありがとうございました。

そしてそれぞれの階級で入賞されました選手の皆様本当におめでとうございます。
また惜しくも敗れた選手の皆様もこのレベルの高い大会で本当に頑張りました。
出場した選手の皆様は今大会の反省面を練習で克服してもらいたいと思います。
本当にお疲れ様でした。

  • 2018年JKJO全四国大会

2018年6月10日(日)
場所:善通寺市民体育館(メインアリーナ)
出場者:600名

◆徳島北東あわじ支部入賞者
・後藤 優斗組手 選抜 中学2〜3年男子
57kg未満の部
優勝
(全日本大会出場の切符を獲得しました。)
・粟飯原 剛輝組手 選抜 高校男子
70kg未満の部
3位
(全日本大会出場の切符を獲得しました。)
・山本  美凰組手 初級 幼年男女混合の部準優勝
・藤田  煌翔組手 初級 小学5年男女混合の部3位
・村田  温志組手 初級 一般男子無差別の部3位

今回、他団体(JFKO加盟)の選手権大会に参加させて頂きました。
本大会は第12回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会の選抜指定大会の為、四国地区だけでなく、全国各地から600名の強豪選手の集まった大会となりました。
このレベルの高い大会で本当に選手の皆様は頑張られたと思います。
また今大会での入賞者数は5名(2名が全日本大会出場の切符を獲得しました。)でありこれも日頃厳しい稽古に耐えられた道場生達の努力と各黒帯の先生方、先輩達のご指導・保護者の方々のご協力、ご理解・応援して下さるすべての皆様方のおかげでこのような素晴らしい結果を残せることが出来ました。
本当にありがとうございました。
そしてそれぞれの階級で入賞されました選手の皆様本当におめでとうございます。
また惜しくも敗れた選手の皆様は今大会の反省面を練習で克服してもらいたいと思います。
本当にお疲れ様でした。


  • 2018年第51回中四国合同稽古

2018年6月3日(日)
場所:西条市総合体育館
参加人数総勢130名

今回中国(岡山)四国から総勢130名の各道場生達が集結して新極真中四国の選手レベルの向上、また他道場生達との交流から生まれる仲間意識、団結力ができた稽古が出来たと思いました。
本当にお疲れ様でした。

  • 第11回徳島北東あわじ支部内交流試合

2018年5月27日(日)
場所:北島町武道館
出場者:67名

  
幼年の部
優勝  山本 美凰準優勝 岩崎 楓太三位 多田 斗優三位 森 有希
小学1年の部
優勝 泉 宗佑準優勝 木地谷 維志
小学2年女子の部
優勝 遠藤 愛奈
小学2年男子初級の部
優勝 岸本 莱愛準優勝 尾上 諒真三位 池添 泰雅三位 山本 鳳翔
小学2年男子上級の部
優勝 野口 侑起
小学3年男女初級の部
優勝 一井 陽菜乃準優勝 大牛 琉空夢
小学3年男子上級の部
優勝 四宮 蒼太準優勝 西野 世那
小学4年男子の部
優勝 神先 絢心準優勝 高田 煌斗
小学5年男子初級の部
優勝 藤田 煌翔準優勝 吉本 悠太
小学5年男子上級の部
優勝 山下 大地
小学6年の部
優勝 上原 苺子準優勝 井上 翔
中学女子上級の部
優勝 大松 琴音
一般の部
優勝 後藤 優斗準優勝 板東 稜人三位 有働 斗志一三位 岡田 康平

第11回徳島北東あわじ支部内の交流試合が盛大に開催できました。これも皆様方のお陰です。
日々練習している仲間同士でメダルを貰えた選手、貰えなかった選手と勝敗がつきましたが、
その喜びや悔しさを胸に日々に稽古に励んでほしいと思います。
保護者の方々へは長時間心強い応援ありがとうございました。
大会運営に携わった黒帯の先生方、スタッフの方々へは事前の準備から当日の片付けまで迅速的確に実施し、無事大会が終了したことを心から感謝しています。
本当にありがとうございました。


  • 第1回国際フルコンタクト空手道選手権大会

2018年5月19日(土)、20日(日)
場所:エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)
出場者:502人

今回、300を超える流派団体と世界23の国と地域から選ばれし96名の海外選手を含め総勢502名の強豪選手が集う史上最大の体重別選手権大会となりました。
このレベルの高い大会で本当に選手の皆様は頑張られたと思います。

また今大会では神原詠二先生が初(デビュー戦)の一般の部(軽量級出場者125名)に最年少(15歳)で出場し、見事3回戦まで進みました。

1回戦は強豪原田 駿選手(練)に勝利し、続く2回戦も強豪大坪 駿介選手(福岡支部)に勝利、そして3回戦では、第4回全日本フルコンタクト空手道選手権大会軽量級チャンピオン(昨年優勝者)の優勝候補秋元 皓貴選手(七州会)に延長判定で惜しくも敗れましたが、今回の戦いで全国の師範方からこれからが本当に楽しみな選手と高い評価のお言葉を頂きました。

この激戦トーナメントを戦い、最年少(15歳)で3回戦まで進出できた事は本当に素 晴らしいし、これからの目標(世界・日本代表)に繋がったと思います。そして道場生達にも夢を与えれたと思います。
神原先生本当にお疲れさまでした。
最後になりますが、今回このような素晴らしい結果を残せることができたのも、日頃厳しい稽古に耐えられた努力と各黒帯の先生方のご指導・保護者の方々のご協力、ご理解・応援して下さるすべての皆様方のおかげでこのように繋がったと思います。
本当にありがとうございました。


  • 第1回国際大会強化稽古

2018年5月4・5日(祝・金・土)
場所:徳島北東あわじ支部 松茂道場

5月の第1回国際大会にむけて開催された強化稽古が徳島北東あわじ支部 松茂道場で2日間行われました。
辻健介先生(第30回全日本中量級チャンピオン)・辻(将口)恵美先生(第10回女子無差別世界チャンピオン)の指導のもと、集まったメンバーは愛知 山本道場(将口美希先生(2017世界ウエイト制軽量級世界チャンピオン)・長嶺愛里選手・長嶺愛花選手)から豪華なゲストを迎え、北東あわじ支部の一般部有志(神原詠二先生(カラテドリームフェステェバル2016(全国大会)・2017(国際大会)中学生中量級2連覇)・板東稜人選手・後藤優斗選手・後藤七翔選手)が集まりレベルの高い稽古(技術練習&スパーリング(約2時間))ができ、また最後まで脱落者なく、気合いの入った稽古となりました。
本当にお疲れ様でした。


  • 2018年第50回中四国合同稽古

2018年5月6日(日)
場所:西条市小松体育館
参加人数総勢130名

今回中国(岡山)四国から総勢130名の各道場生達が集結して新極真中四国の選手レベルの向上、また他道場生達との交流から生まれる仲間意識、団結力ができた稽古が出来たと思いました。
本当にお疲れ様でした。

  • 2018年第26回全中部大会

2018年4月29日(日)
場所:名古屋市東スポーツセンター(第1競技場)
出場選手:500名


上原 苺子選手

今回、中部・関東・北陸・関西・中国・四国から総勢500名の強豪選手の集まった大会となりました。
このレベルの高い大会で本当に選手の皆様は頑張られたと思います。
また今大会での入賞者数はありませんでしたが、選手の皆様は本当にいい試合、経験をされたと思います。
これも日頃厳しい稽古に耐えられた道場生達の努力と各黒帯の先生方、先輩達のご指導・保護者の方々のご協力、ご理解・応援して下さるすべての皆様方のおかげでこのような素晴らしい試合が出来ました。
本当にありがとうございました。
そしてそれぞれの階級で素晴らしい戦いを繰り広げた選手の皆様本当にお疲れ様でした。
また選手の皆様は今大会の反省面を練習で克服してもらいたいと思います。


  • 第35回全四国大会

2018年4月15日(日)
場所:高知くろしおアリーナ
出場者:466人

◆徳島北東あわじ支部入賞者
・岸本 莱愛小学2年男子新人の部3位
・猪山 蓮小学2年男子中上級の部優勝
・野口 侑起小学2年男子中上級の部準優勝
・遠藤 愛奈小学2年女子の部優勝
・岸本 唯愛小学2年女子の部準優勝
・西野 世那小学3年男子新人の部優勝
・林 愛叶小学3年男子新人の部3位
・谷川 駿小学3年男子中級の部優勝
・四宮 蒼太小学3年男子上級の部準優勝
・大塚 真生小学3年女子上級の部優勝
・立花 妃乃小学4年女子初級の部優勝
・大松 巧周小学5年男子新人の部準優勝
・後藤 星菜小学5年女子上級の部優勝
・大塚 未夢小学5年女子上級の部準優勝
・佐藤 颯人小学6年男子中級の部優勝
・上原 苺子小学6年女子上級の部敢闘賞
・後藤 優斗中学3年男子上級の部3位
・岡田 康平高校男子上級の部3位
・森 貴史一般男子新人・中級の部優勝
・細川 広明壮年(45歳以上)上級の部優勝
・板東 文章壮年(45歳以上)上級の部準優勝
・岩崎 楓大型幼年男子・女子の部優勝
・徳元 琉汰型小学1〜2年男女初級の部3位
・神先 快莉型小学1〜2年男女初級の部3位
・森 明衣型小学3〜4年女子初級の部3位
・大塚 真生型小学3〜4年女子上級の部準優勝

中四国・関東・関西・中部・九州から466名の強豪選手の集まった大会となりました。
選手権大会とゆうこともあってこのレベルの高い大会で本当に選手の皆様は頑張られたと思います。
また今大会での入賞者数は総勢26名でありこれも日頃厳しい稽古に耐えられた道場生達の努力と各黒帯の先生方、先輩達のご指導・保護者の方々のご協力、ご理解・応援して下さるすべての皆様方のおかげでこのような素晴らしい結果を残せることが出来ました。
本当にありがとうございました。
そしてそれぞれの階級で入賞されました選手の皆様本当におめでとうございます。
また惜しくも敗れた選手の皆様は今大会の反省面を練習で克服してもらいたいと思います。
本当にお疲れ様でした。


前川道場 INFORMATION

稽古風景


北島道場・稽古


鳴門道場・稽古